呼吸器疾患(こきゅうきしっかん)とは,いわゆる呼吸器(上気道,気管・気管支,肺,胸膜等)に起こる疾患の総称である.罹患した部分によって多様な症状を見せる.呼吸器疾患などの患者は,長期的に高濃度の酸素を吸入しなければいけないため,医師の処方指導の元自宅で日常生活をしながら酸素を吸入する在宅酸素療法(home oxygen therapy 略称HOT)が行なわれている.これには短期間の医療機関の入院を行い動脈血液の酸素ガス濃度を測りながら酸素流量を調節し使用酸素濃度を調節するなど厳密な管理が必要である.また,外出中でも携帯装置で酸素を吸入することも行なわれている.出典:wikipedia

慢性閉塞性肺疾患

慢性閉塞性肺疾患(まんせいへいそくせいはいしっかん)は,さまざまな原因,特に喫煙により肺に慢性炎症が生じ,これにより,肺胞の破壊や気管支粘液腺の肥大が起き,その結果息切れを生じたり,咳嗽や喀痰が増加する病気.英語のChronic Obstructive Pulmonary Diseaseの頭文字からCOPD(シーオーピーディー)と呼ばれることが多い.以前肺気腫と呼ばれていた疾患と慢性気管支炎と呼ばれていた疾患は,両者が種々の割合で合併することが多く,この二つによる閉塞性肺疾患を合わせてCOPDと呼ぶようになった.WHOの試算では,2005年に世界中で年間 300万人がCOPDにより命を落とし,死亡原因の第4位を占めているが,今後10年間でさらに30%増加すると予測している.日本では厚生労働省の統計によると,2005年に14,416人(全死亡数の1.3%)がCOPDにより死亡し,死亡原因の10位,男性に限ると7位を占めている.1997 年,WHOとアメリカ心肺血液研究所 (NHLBI),アメリカ国立衛生研究所 (NIH) は,全世界的なCOPDの予防と治療を目的として,GOLD(Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease,慢性閉塞性肺疾患に対するグローバルイニシアチブ)という国際機関を発足させた.2001年にCOPDの国際的ガイドラインを発表し,その後改訂を重ね,COPDの診断,管理,治療の世界標準となっている.出典:wikipedia

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

呼吸器障害・呼吸器疾患情報ネット:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.j-breath.ne.jp/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。